イベント

二月の本棚 BOOKLORE FAIR

【開催終了のイベント】 2月23日(土)~28日(木)  秋篠の森 月草

img_25_06-1.jpg

関西を拠点としながら、丁寧に作品集や詩集を作り続けている
小さな出版社、BOOKLORE(ブックロア)。
これまでに出版された本を、月草の本棚にてご覧いただけます。
期間中は、月草カフェもopenしております。
ゆっくりと過ごしに、是非いらしてください。

 

img_25_06-1-2.gif

 

2月23日(土) 15時~16時半 月草にて
参加費:1500円(珈琲、菓子付)
ご予約は月草まで(tel0742-47-4460)

ブックロアから詩集を出版した西尾勝彦と畑尾和美の朗読会。

同じくブックロアより、写真と言葉の本を出版したSEWING TABLE COFFEE
による珈琲と、今年レシピ集を出版予定のAOのお菓子を味わいながら
耳を傾けていただきます。
聴いて、香って、味わって、体や気持ちで感じていただけるよう、
ブックロアにまつわる人たちと共に過ごす愉しい時間を準備して、
心よりお待ちしております。

 

img_25_06-2.jpg

プロフィール

img_25_06-3.jpg

関西を拠点とした出版レーベル。この地域独特のやわらかな
コミュニケーションで繋がった人たちの作品集や詩集を作る。
ブックロアが取り上げる作家は、有名無名問わずに自分たちが
良いと思ったものを本にしています。 これまで出版してきた
本の数は少ないのですが、ひとつひとつの本を、ながく、大事に
販売していきたいと考えています。

 

「BOOKLORE」はBookとFolkloreを合わせた言葉です。 
loreには伝承という意味があり、フォークロアは小さな集落などの
民族内で行われる、慣習、祭事、言語、工芸など様々な要素を
含んだ伝承を意味します。ものごとを広く普遍的に伝えるのではなく、
その地域に住む人々が、その土地に継承していく人にのみ伝えていく
からこそ、独自の伝統がフォークロアとして残されていきます。

 

BOOKLOREもまた、小出版のスタイルで背伸びすることなく
自分たちの目の届く範囲で、この地域、この時代に行われている事柄
を本と言う形で伝え、残していきたいと考えています。

 

代表 中島恵雄 

http://booklorebooks.net/

ページ最上部へ戻る