イベント

白と青 辻和美 + factory zoomer 展

【開催終了のイベント】 10月19日(土)~27日(日)秋篠の森 月草にて

辻展オモテ.jpg

白と青/辻和美                                    

久しぶりの奈良での展覧会では、白い硝子と青い硝子といつもの硝子が並びます。
白い硝子は、小さいころ憧れた母の宝石箱の中のオパールの石を思い出させます。
作り手が何をしたわけでもないのに、何もかも包み込む、
ぽってりとした優しさにあふれています。 綺麗な色の食べ物を盛ってみたくなりました。

また、青い硝子は2年前から工房ではじめた「reclaimed blue project / 再生する青」という
取り組みです。工房でたまった硝子の破片や、失敗作、もしくは
必要でなくなった方の 硝子を引き取りもう一度溶かし直しています。
ズーマ工房でしか出ない青で、今回は古いものを参考に制作をしてみました。

ぜひ足を運んでみてください。お待ちしています。

 

辻さんのまなざし/石村由起子                              

辻和美さんとは、なんと7年ぶりの企画展になります。
はじめて辻さんを訪ねたのはもう15年前・・・ 彼女が卯辰山工芸工房で
講師をしていた頃にはるばる訪ねて行きました。
同じ犬を飼っているということもあり、意気投合。
それからは作家とギャラリーオーナーという関係だけではなく、楽しい友人にもなりました。

お互いにいいものをつくりたい、いい店をやりたい、
思いはひとつ、金沢と奈良でそれぞれがんばってきました。
彼女を作家として尊敬してやまない理由、それはいつも探究心があるから。
会うごとに今度はこんなものをつくりたい、これはここを直してもっと良くしたい。
ガラスを溶かして新しいものを生み出す母のようなガラスへのまなざし。

今回は行ったり来たり、何度も会って話をして、したためてきた企画です。
こんな料理を、こんな色をここにのせたいと形にしてきました。

二人のコラボレーションです。是非ご覧ください。

 

今回の新作発表に合わせて写真集をつくりました。
会期中は辻和美さんのサイン入りをご用意しております。

硝子写真集:「白と青」辻和美+factory zoomer
デザイン:山口信博
写真:鈴木静香
協力:石村由起子
価格:本体1,000円+税

 

■会期中イベント

(1)「白で食べる/色を食べる」
10/19(土)18:00~20:00 定員12名 10,000円 予約制(月草0742-47-4460)
辻さんの白い器で色を食すお料理会です。

(2)「青を愛でる/実と遊ぶ」 10/20(日)10:30~
石村由起子が秋篠の森の植物や実を生けた青い器をご覧いただけます。

(3)「色とりどりのスープ」 10/20(日)11:00~ 無くなり次第終了
会期中 硝子の小屋にて 3種の色とりどりのスープのカフェがオープンいたします。

ページ最上部へ戻る