イベント

松澤紀美子のしごと

【開催終了のイベント】 2015年7月11日(土)~7月20日(月・祝)


20150626135853-c29ff8c1b1897b34c1aca425efa61f35925ef450.jpg

時間と、手間を
惜しむことなくかけ、
松澤紀美子さんは
こつこつ作り続ける

使う人の存在
その余地を残したまま
きちっとした始末で作品を仕上げる。


紀美子さんが
好むものには
原色のものがほとんどない。

素材がもつありのままの色。
そのままの肌合い。
洗いをかけたやさしい手触り。

初めて出合ったのに
ずっと馴染みのような
そんな存在。

この美しい仕事と佇まいを
どうしても知ってほしい
手で触れて見てほしい

そんな思いを込めた展覧会です。
是非ご覧ください。



2015年7月11日(土)- 20日(月・祝)

会期中 14日(火)、15日(水)休み
作家在廊日 11日(土)


putit cul 茶屋 開店                

7月11日(土)- 20日(月・祝)
11:00~17:00

松澤さんのレシピ「くるみだんご」をお召し上がりいただけます。
夏にさっぱりと食べたいとびきり美味しいデザートです。
作品とあわせて是非お楽しみください。

20150709104414-1b20d67cbe36088bb68557809633a06cb071f246.jpg



松澤紀美子 プロフィール

1969年、岡山県倉敷市に生まれる。
家事好きの母に影響され、手芸、料理などに興味を持つ。
とくに、料理に合わせた器選びには熱心だった。
喫茶店、市役所、無印良品でのアルバイトを経て上京。
「暗闇坂 宮下」へ勤める。
32歳で「petit cul」を開く。
34歳、澄敬一と出会う。「petit cul」を閉店。
2005年、早稲田に転居。
元製本工場であった一軒家を借り、
新しい布の仕事と生活の場を作り始める。





ページ最上部へ戻る