イベント

2016.9.29

月乃音 渡邊乃月 9月中国茶稽古「茶旅小景」

20160929113602-85cb3f23e5860cb161681e0cc388a88180455570.jpg

月乃音 渡邊乃月さんの中国茶稽古「茶旅小景」を開講いたしました。

お茶をめぐる旅路 9月「紙包秋」

まずは長陽の節句に合わせ、清涼感ある菊茶をいただきました。

気持ちとからだの呼吸を合わせ、稽古に向かいます。

9月は福建省の青茶(烏龍茶)を学びます。

烏龍茶の故郷といわれる福建省。山岳地帯に位置する漳平市では

少数民族が守り続けてきた希少茶葉「漳平水仙」が作られています。

木型で四角に形作られた茶葉は香りとともに優しく薄紙に包まれ、

緑や赤く染まった茶の葉は、まるで一山の紅葉のように、景色を映しています。

20160929113025-10def54c0f344c15dd02dbd66f0774989f7883c6.jpg

20160929115829-335313245ff204f887a29260cf9207361ab3758d.jpg

2016年春摘み 「漳平水仙」

その香りは甘酸っぱく、果実味があふれた爽やかなお茶。

乃月さんが紡ぎだすようにお話しをされる一言一言に

心地よい緊張感とおだやかに心身が整っていく安堵感が高まります。

お茶の一滴に集中し、対話するような時間。

20160929113118-b6a8fff5389324a9145e63451138f248dff851ca.jpg

2015年秋摘み 「漳平水仙」

焙煎された茶葉は艶があり、ほんわりと香ばしい香りが立ち込めます。

どこかスパイスを感じるような表情豊かな風味。

20160929113519-0415db191103600f4a1e1ac1b3bc56599bb20e59.jpg

左/2016年春摘み 右/2015年秋摘み

いつまでも香りが続き、その変化もまた楽しく味わい深いお茶です。

一枚ずつ大きく開いたピカピカと光る茶葉の美しいこと。淡い香りを放ちます。

お茶とともに水餃子や月餅をいただきました。

お茶が生まれた、遠く離れた土地に思いをめぐらせ、気持ち豊かに過ごす旅路。

次回10月26日(水)の開講です。お楽しみにお待ちくださいませ。

ページ最上部へ戻る