お知らせ

秋篠の森のお知らせ 2019.10. 3

<秋篠の森> 移転のご挨拶

20191003100100-f2ca187c5a0e19cbcb0dd8a81fd093451fa1a6f7.jpg

秋篠寺にほど近い小高い丘に、〈秋篠の森〉がオープンしたのは2004年七夕の日のことでした。

偶然の出会いから巡り合った場所には、もともとペンションであった建物が建っていました。
すでに長年使われた建物ではありましたが、躯体はそのままに、随所に改修を加えて新たなスタートを切ったのです。
木々を植え、石を運び、ペンキを塗り、デッキを作り、大切に育てた場所は、いまでは四季折々に樹木が実をつけ、花を咲かせる美しい森となりました。

とはいえ、私たちが〈秋篠の森〉を始めて15年の間に、建物や設備には不具合が目立つようになりました。
なかでもホテルは皆さまに安心してお泊まりいただくものですから、安全面に少しでも不安があってはいけないと3年ほど前から営業をお休みしておりました。
大規模な改修をしてホテルを再開するか......大きく育った樹はどうするか......信頼のおける方に相談し、何度も検討を繰り返し、悩みに悩んだ3年間を過ごしたのです。

私たちが〈秋篠の森〉を始める以前は、夜になると宿泊施設が少ない奈良から京都や大阪に向かう皆さまをお見送りするという寂しい事実がありました。
それならば私たちが皆さまに心から寛いでいただける場所をつくり、心を尽くしたおもてなしをしようとの想いでホテルを始めることにしたのです。
ところがふとまわりを見ると、この15年のあいだに奈良の状況が変化したことに気が付きました。
奈良の風情が漂う一棟貸しの宿や、オーナーの個性あふれる素敵なゲストハウスができ、そしてまもなく大きなホテルが何軒か開業するという話も耳に入っています。
そんなこともあり、私たちのホテルは、そろそろ役目を終えてもよいのでは...と思えるようになりました。

一方で、〈秋篠の森〉に構えたレストラン〈なず菜〉は交通の便が悪いにも関わらず、大和の食材をふんだんに使った料理を楽しんでいただけるレストランとして、県の内外からたくさんの方に訪れていただける店となりました。
奈良の食の豊かさをもっとお伝えしたいと想いも強くなるなか、〈秋篠の森〉を取り巻く環境の変化も気がかりとなっていました。
開業時には眼前に美しい水田が広がっていましたが、すっかり住宅へと変わり、大きな台風のたびに樹木が周囲にご迷惑をおかけしないかと不安に思う日々でもあります。
立派に育った木々が枝葉をのびのびと広げるには少々窮屈な状況になってきました。
そこで、突然ではありますが、〈秋篠の森〉は本年末をもち、一旦閉店させていただき、
来春、新しく奈良町にある〈鹿の舟〉で大和の恵みをお楽しみいただけるレストランをオープンすることといたしました。

15年にわたり〈秋篠の森〉をご利用いただいた皆さまに心より感謝を申し上げます。
レストランやホテルに足をお運びいただいた皆さまはもちろんのこと、大切な結婚式の会場として〈秋篠の森〉をお選びくださった新郎新婦とそのご家族ご親戚、ご友人の皆さまには、その幸せな時間をお手伝いさせていただき、私たちもともに充実の時を過ごさせていただきました。
ギャラリー〈月草〉では魅力あふれる作品展を通じて、お客さまをはじめ、作り手の皆さまにも多大なご協力をいただきましたこと、あらためてお礼を申し上げます。
〈秋篠の森〉にお越しいただいた皆さまが、奈良に、食に、作り手や素晴らしい作品に出会い、充実された時を過ごしていただく姿が私たちの原動力となって、ここまでやってくることができました。
本当にありがとうございました。

これからも〈くるみの木〉を育てていただいた奈良の地で、皆さまに心地よい時間をお過ごしいただけるよう、スタッフ一同、決意を新たにしております。
来春、新しく奈良町で再スタートするレストランを、どうぞよろしくお願いいたします。


秋篠の森

20191003100205-e31604db41918c87c68a818761e6d9168b3dd0df.jpg

ページ最上部へ戻る