鹿の舟のいま

片岡梅林

梅の花が可愛らしい花を咲かせる季節になりました。

 

片岡梅林.JPG

 

 

奈良町散策の道中、寺社や住宅の庭から伸びる梅の木に

早春の奈良を感じます。

 

奈良公園にある「片岡梅林」では、およそ240本の梅の木が

可憐な花をつけ、色鮮やかな景色を楽しませてくれます。

 

 

片岡梅林は、春日大社参道の南に広がる浅茅ヶ原園地にあります。

 

浅茅ヶ原園地は、奈良公園内の浮見堂を含む一帯を指します。

 

「片岡」梅林は、地名に因んで名付けられました。

浮見堂側から見た梅林は、丘のように少し高い場所にあります。

 

絵になる風景が広がるこの界隈では、

写真撮影やスケッチを楽しまれる方をよく見かけます。

 

こちらまで足を延ばす観光客が少ないこともあり、

ゆっくりと過ごすことができるのも魅力です。

 

 

園地内には、「丸窓亭(円窓亭)」という建物があります。

 

円窓亭.JPG

 

丸窓亭は、鎌倉時代に春日大社の経庫として建てられました。

別名「八窓庵」とも呼ばれ、丸くくり抜かれた窓が印象的です。

 

明治時代に今の場所に移築され、国の重要文化財に指定されています。

 

丸窓亭付近一帯に梅樹が多くあることから、

片岡梅林を「丸窓梅林」とも言います。

 

梅と円窓亭.JPG

 

 

梅林では梅見をされている方も見かけ、思い思いに楽しんでいるようです。

 

 

また、道路を挟んで東側の飛火野では、今週12日(日)まで、

毎朝「鹿寄せ」が行われています。

 

ホルンの音色に向け、まっすぐに駆けてくる鹿たち、

地面に落ちたどんぐりを美味しそうに頬張る鹿たち、

 

鹿よせ.JPG

 

 

朝の散策に組み合わせてみてはいかがでしょうか。

 

 

[鹿の舟]でも春の息吹を感じられます。

白梅が花を咲かせ、フキノトウが芽を出し始めました。

 

フキノトウ.jpg

 

 

他にも花を咲かせはじめた草木がみられ、

春の訪れを待ちわびているかのようです。

 

早春の奈良をお楽しみください。

鹿の舟ページへ戻る