季節のワークショップ

みそ作り教室

日本の食文化を支える発酵食品「みそ」の作り方を教わります。

みそ教室


「八百屋 ろ」高橋秀夫さんによるみそ作りの教室を開催いたします。

日本の食文化に欠かすことのできない発酵食品。

高橋さんこだわりの塩・麹・大豆を使用し、
素材の話や食にまつわる話などを交えながら、みそを仕込みます。

一年で最も寒いこの時期にしかできないみそ作りを、是非体験してみてください。


当日は、[鹿の舟]繭と田んぼの間の庭で「青空市」を開催いたします。

新鮮な無農薬野菜・海と山の幸を販売いたしますので、
高橋さんとお話しながら、青空の下でのお買い物も、お楽しみください。

----------------------------------------------------------------

「みそ作り教室」

日 程/2018年3月5日(月) 13:00→14:30
場 所/[鹿の舟] 繭 読書室
金 額/4,500円+税(できあがり約2.5㎏材料費含む)
定 員/10名様
持ち物/エプロン、タオル、かめ(みそが約3㎏入る位)、筆記用具

素材の紹介

塩 :海の精 (伊豆大島)
 ※ブロックを積み上げ海水を入れて作る海の塩(タワー塩)
麹 :生麹使用 (奈良 井上醤油)
大豆:サチユタカ(岡山・名刀味噌本舗使用の大豆)/ 産地:鳥取

※お問い合わせ・ご予約は繭(Tel.0742-94-3500)まで

----------------------------------------------------------------


八百屋 ろ プロフィール


1985年、高橋秀夫さんが奈良市学園前に「八百屋 ろ」を創業。
高橋さんご家族が営む八百屋と喫茶店です。
無農薬での野菜栽培がまだ試作的な時代の中で
昔ながら土の匂いのする仕事として、農薬、化学肥料にたよらず
堆肥による伝統的な農業の復活を村(生産地)へ。
そして美味しさや安全性を町(消費地)に広める取り組みを
すすめてこられました。
自然共生の中で育まれる豊かな暮らしを提唱されています。


※[鹿の舟]では、毎月第1・3・5月曜日の11:45→15:00に
「食堂 竈」正面入口前にて八百屋ろ「青空市」を開催しております。

2月の青空市は冬季休業。
3月5日(月)のみそ教室に合わせて再開いたします。

生活学校のページへ戻る

日本語   |   English