News

AN SPINNEN 2020 AUTUMN WINTER

少しずつ肌寒くなってきました。
そろそろ冬支度の季節ですね。
今年もANSPINNENのイベントを開催します。

anspinenn_insta.jpg

カシミヤやヤク、ラムズウール等で丁寧に紡がれた糸を使用した、
ANSPINNEN(スピネン)のニットが、くるみの木にやってきます。

anspinenn_insta2.jpg

anspinenn_insta3.jpg

anspinenn_insta5.jpg

anspinenn_insta6.jpg

anspinenn_insta1.jpganspinenn_insta7.jpg


これからの季節の頼もしい相棒になるあたたかなニットを、くるみの木に探しにいらしてください。


今回は、オンラインストアでもご覧いただけます。(10月8日より開始いたします。)



AN SPINNEN 2020 AUTUMN WINTER
期間:2020年10月2日(金)~10月11日(日)
時間:平日/11:00~16:00 土日祝/11:00~17:00※最終日は16:00まで
会場:くるみの木 pieni35(庭の小屋)




<About "ANSPINNEN">
良質な糸をつくり、その糸が生きるものづくりを目指すファクトリーブランドANSPINNEN(スピネン)は、価値ある技術の継承を、工場とともに行っていく日本発のファクトリーブランドです。
ドイツ語で「紡ぐ・つなぐ」という意味のSPINNENに、前置詞のANをつなげた名前は、紡績会社を基盤とし、ドイツ由来の機械を一部使っていることから名づけられました。
紡績とは糸づくり。着心地が良く長く愛用できるニットは、最良の糸から生まれます。
スピネンでは、カシミヤやヤク、ラムズウール等を、最高の技術で丁寧に紡ぎ、原毛から糸にするまでを終始一箇所で行うことで、絶えず糸の声に耳を傾け、その性質を理解し、息を吹き込んでいきます。
編んでいく工程は糸を熟知した協力工場と連携し、職人の手で糸の個性を引き出しながら製品化。
生産の現場で工場や職人の減少によって揺らぐ技術の遺産を、途切れなく次世代へとつなぎ、ものづくりに対する誠実な想いをも編み進めていきます。