鹿の舟のいま

[鹿の舟]の稲刈り 2020

今年で5回目となる[鹿の舟]の稲刈りを、
1111日(水)に無事終えることが出来ました。


残念ながら、今回皆さまにご参加していただくことはかないませんでしたが、
[鹿の舟]のスタッフで収穫を行いました。

田んぼ20201110 1.jpg

小さな2つの田んぼに、それぞれうるち米ともち米が育っています。

田んぼ.jpg

鎌を使い、稲の束を根元から刈っていきます。

作業の様子.jpg

その束をあぜに並べて、

刈った稲.jpg

稲架(はざ)掛け用に根元を結びます。

結んでいる様子.jpg

稲わらをほどけないようしっかり結ぶのは、
慣れるまでは、なかなか難しい作業です。

束にした稲.jpg

竹で組まれた稲架と呼ばれる竿。

稲架掛けの竿.jpg

天日干しするために、ここに刈った稲束をかけていきます。

R0008984.jpg

稲架干しの完成です。

R0008987.jpg

逆さまにした稲穂をじっくり乾燥させる天日干しのお米は
旨味や栄養を増すと言われています。

天日干しの後は、稲の穂先から籾(もみ)を取る脱穀の工程に入ります。

R0009001.jpg

来年は、多くの方にご参加いただける[鹿の舟]の稲刈りが
開催出来ることを願っております。

鹿の舟ページへ戻る

日本語   |   English